読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

solrで緯度経度をボックス検索する

java solr mysql

solrに限った話ではありませんが、

最近緯度・経度を使って、ボックス(四角形の範囲内)検索をする要件が増えています。

方法はいくつかありますが、やりやすい方式を上げてみます。

緯度をbetween検索、かつ、軽度をbeween検索。

この方式が一番汎用性があるかもしれません。

X軸とY軸に対して、四角形になるよう検索するだけです。

例えばディズニーランド latitude=35.632507, longitude=139.88127 、の場合、

(latitude between 35.630 and 35.640) and (longitude between 139.880 and 139.881)

というようなbetween検索を行います。

例えばマウスでドラッグドロップした範囲を検索する場合は、ドラッグ地点とドロップ地点の座標が算出できるのでbetween検索できます。

これは、solrであろうとmysqlであろうとjavaであろうとできる検索方式です。

geohash(ジオハッシュ)検索を行う。

ジオハッシュ - Wikipedia

ジオハッシュは、latitude、longitudeをbase32でハッシュ化して文字列に変換します。

文字列が短い程精度が下がります(地図が縮小される。スケールアウト。)

データストア側(DBやsolr)にはhash化した文字列をセットしておき、検索時にhash文字列で前方一致検索します。

メリットは、geohashは前方一致検索なので、前述のbetween検索より更に速い点。

hash化した文字列は文字数が少ないので、solrやmysqlにインデックス化しやすい為、検索効率は高くなりやすい。

デメリットは、base32という事は、1文字削ると32倍スケールアウトする点と、任意のボックスにできない点です。


大まかに2種類の方法がありますが、ボックスの範囲とスケールの要件を握れるならgeohash、

要件を握れないなら緯度経度をbetween検索、等と使い分けるといいかと思います。