読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

【mac】TextMate2をビルドしてインストールする

mac ライブラリ

TextMate — The Missing Editor for Mac OS X
去年オープンソース化されたTextMate2をインストールする手順を公開します。
TextMateはDMGやpkgなどのインストーラー形式では配布されていないので、
自分でビルドする必要が有り、少々敷居が高いです。

環境
Mountain Lionをクリーンインストールした状態。

javaのインストール
※ 既にjavaがインストール済みの場合は飛ばして下さい。
アプリケーション → ユーティリティー → ターミナル.appを起動します。
起動後、以下のコマンドを実行します。

java --version

javaがインストールされていない場合、上記コマンド実行後に自動的にjavaをインストールするか聞かれるので、
インストールしましょう。

※ 最新版のXCodeが必要です。
XCodeのインストール
アプリケーション → App Store → XCodeで検索してインストールして下さい。
f:id:treeapps:20130115004216p:plain
Command Line Toolsのインストール
アプリケーション → XCodeXCodeを起動します。
XCode起動後、メニューバー → XCode → Preferencesを選択します。
続いてDownloadsタブ → Componentsと選択します。
リストに「Command Line Tools」というものがあるので、右側にあるinstallボタンをクリックしてインストールします。
f:id:treeapps:20130115002210p:plain

Homebrew
Homebrewのインストール
Page not found · GitHub Pages
Homerbrewは、macにソフトウェアやライブラリを簡単にインストールするためのコマンドラインツールです。
前項でXcode Command Line Toolsをインストールしたので、
ターミナルで以下のコマンドを実行すると、Homebrewがインストールできます。

ruby <(curl -fsSk https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)

Homebrewの更新
ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行してHomebrew本体とFormulaを最新版に更新します。

brew update

TextMate2
ソースコードのダウンロード

git clone https://github.com/textmate/textmate.git

ビルドに必要なライブラリをインストール

brew install ragel boost multimarkdown hg ninja

TextMateのフォルダに移動する
git cloneしたフォルダに移動するだけです。

cd textmate

submoduleの初期化と更新を行う

git submodule update --init

ビルドを実行する

./configure && ninja

ビルドが成功すると、以下のようなメッセージと共に自動的にTextMateが起動します。

[1106/1106] Run ‘/Users/tree/build/TextMate/Applications/TextMate/TextMate.app’…

TextMate2をインストールする
自動的に起動したTextMateは一旦終了します。
ビルドしたTextMate.appは実は/Applications以下に無いので、コピーします。

cp -r ~/build/TextMate/Applications/TextMate/TextMate.app /Applications/

ビルドした再のゴミを削除する

rm -rf ~/build/TextMate/

起動してみる
f:id:treeapps:20130115004851p:plain
お疲れ様でした!これでインストール完了です!!


ビルド等でエラーが出る場合の確認事項
CLangが最新版を参照しているか
「xcrun clang --version」というコマンドでバージョンを確認します。

$ xcrun clang --version
Apple clang version 4.1 (tags/Apple/clang-421.11.66) (based on LLVM 3.1svn)
Target: x86_64-apple-darwin12.2.0
Thread model: posix

ここでclangのバージョンが4以上ならOKです。
もしバージョンが3系の場合、自力で最新版に参照を変更する必要があります。
詳細は以下のサイトに書いてあるので参考にして下さい。
TaKUMA7's はてなblog