読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

solrの空間検索(Spatial Search)をtree-tipsにまとめていきます

java solr

最近急激に空間検索の需要が伸びている気がします。

業務でもいくつか空間検索は既に導入していますが、
今のところ緯度と経度をbetweenで検索する実装しか経験がありません。
between検索は、以下の黑★の2点を抽出する事ができれば検索できます。
☆ーー★
|  |
★ーー☆
NorthEast、SouthWest、の2点が解れば、自動的に4点の緯度経度が求められるので、
2点の範囲をそれぞれbetweenでand検索し、検索対象の緯度経度点が四角形の範囲内かどうかが判定できます。
このbetween検索の弱点は以下の通りです。

  • ボックス検索しかできない(円形・サークル検索はできない)
  • 中心点からの距離によるソートができない

等があります。
従って、ボックス検索で距離のソートができなくていいなら、between検索が楽でしょう。

しかしサークル検索がしたい距離のソートがしたい
といった高度な検索が必要になると、もうsolrのSpatial Searchを利用するしかありません。

しかし、schema.xmlのフィールド定義とインデックス生成の仕方が解らん
という方が多いのではないかと思っています。
solr wikiを見てもポツンとフィールド定義は書いてますが、
その定義をどう使えばいいか書いてないので、理解しにくくなっているのです。
(正直私もSpatial Searchに慣れておらず自信がありません)
せっかく高度な空間検索(Spatial Search)ができるので、重点的にまとめていく予定です。

最近mac proにSSDを導入して、OSから入れ直したり、SVNサーバを立て直したり、TextMateをビルドしたり、
色々環境周りが整ってなかったのですが、今日ようやくちょっとSpatial Searchできるところまでできました。
国交省の緯度経度のCSVを47都道府県分ちまちまダウンロード・結合、DBにload data、solrでインデックス生成、
というところが非常に面倒で大分時間かかりましたが、これから頑張っていきます。

Apache Solr 4 Cookbook

Apache Solr 4 Cookbook