読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

【WP】プログラマ視点で考える無料ブログからCMSへ移行する注意点【MT】

adsense アフィリエイト はてなブログ

f:id:treeapps:20131209000808p:plain
無料ブログ(有料プラン含む)を卒業し、WordPress等に移行しようとしているアナタ!!
本当にその選択が正しいのかをよく考えてみて下さい。

それぞれのメリット・デメリットを理解しないと、収益が無料ブログの時より増えない可能性もあります。
CMSに移行すると無条件にイイコトづくめでバラ色のアフィ生活が待っている!なんて考えてはいけません。

今回は今現在私がtreeのメモ帳をCMSに移行するかどうかを検討しているので、この際両者を分析してみようと思います。

メリット

自由度が非常に高いのが最大のメリット

厳密にはCMSフレームワーク部分は自由にいじれません。
(いじる事はできますがバージョンアップ時等に自力の修正のせいでアップできなくなる惨事に陥る可能性有り)

具体的にメリットを考えると、以下が思いつきました。

  • html・css・jsの大部分をコントロールできる。
  • 好きな位置にadsense等の広告が貼れる。
  • データベースの中身を自分で見る事ができる。
  • 無料ブログにありがちな「広告を消す有料オプション」等の制限が存在しない。
  • データベースを触れるので、記事の一部を一括更新できたりする。(cssをまとめて更新とか)
  • コンテンツのインポート・エクスポートが可能。

デメリット

  • 最低でもサーバーレンタルが必要で、お金がかかる。ケチると速度に問題が出て収益が下がる。
  • CMSの使い方を覚える必要がある。(管理画面の使い方とか)
  • サーバーサイドの処理がいじりにくい。(いじらない方がいい)
  • CMSのバージョンアップは自力で行う必要がある。
  • トラブル発生時は自力で解決する必要がある。
  • ブログから移行する場合、記事の301リダイレクトができないのでページランクが0になる。
  • はてなブログ人気エントリー等の恩恵が一切無い

私が考える最大のデメリットは人気エントリー等の恩恵の部分だと思っています。
はてなブログlivedoor blog等は、既に巨大なポータルサイト・コミュニティがあり、そこには膨大なPVが発生します。無料ブログの場合、そこに自分の記事が表示される可能性があり、そこからの流入が見込めるのです。よく、はてブのホットエントリーに載ったら爆発的にアクセスがあったというのはこれですね。

CMSに移行する人はこれをよく考えねばなりません。
無料ブログは勝手に宣伝して貰えるのに対し、CMSは全部自力で宣伝しないとアクセスが集まりません
サイトマップxmlgoogleのインデックスを増やし、検索エンジンからの流入を増やす。
更に記事更新時にtwitter等のsnsに通知、等の施策は必須ですね。
無料ブログの場合はそれらは標準機能で行えるので、CMSは宣伝の部分で無料ブログに負けます。

無料ブログ

メリット

  • 無料である
  • サーバーの用意やCMSのインストール等が不要。アカウントを作成するだけで使える。
  • サーバーが停止してもブログの管理者が頑張って復旧してくれる。
  • はてブのホットエントリー等の大きな輪の中に入れて、自動的に自分のサイトが宣伝される。
  • adsenseを貼っても規約違反にならないブログもある。(はてなブログblogger等)
  • ブログの開発陣がブログの機能をどんどん追加してくれる。

メリットはやはり
無料でサーバーの面倒を見なくてよい点
ですね。
プログラマ視点では、サーバーの面倒を見なくてよいのは本当にありがたいのです。
通常サーバーが停止していたり、ディスク容量不足に陥りそうだったり、急激にload averageが上昇したり、そういった事をNagios等で監視しますが、それをしなくてよいのは本当に助かります。

デメリット

  • エクスポートができないブログが多い
  • デザインが自由にできない。(cssは自由にいじれますが重要な部分のhtmlがいじれない)
  • 無料ブログの場合は必ずスポンサードリンクがいい位置に挿入されてしまう。
  • アカウントが停止された場合、全てを失う。

デメリットはやはり
エクスポートとアカウント停止によって全て失う点
ですね。

はてなブログは現在エクスポート機能を開発中とのこと。
livedoor blogは有料プランで画像以外のエクスポートが可能。
アメブロは他ブログを迂回する事で可能との事。
bloggerは記事とコメントは可能とのこと。

アカウント停止は最悪エクスポートを定期的に行えれば、復帰する未知はあります。
エクスポートの問題はプログラマーならスクレイピングでhtmlを全部ぶっこ抜く事もできます。
ただしスクレイピング規約違反だったりするので要注意です。

無料ブログからCMSへの移行

移行しない方がいいケース

既に無料ブログを運営し、PV数とアフィリエイト収入がそれなりにあるケースはダメです。
理由は簡単。
ブログの記事をCMSの記事に301リダイレクトできない
からです。301リダイレクトとは、検索エンジンの評価を新しいサイトに移行する事です。
301すると、googleのSERPに無料ブログがインデックスされている状態が、徐々に新しいサイトに入れ替わります。

つまり例え無料ブログからCMSへ移行できたとしても、今まで築き上げた検索エンジンからの評価が0になります。収益は一旦0にリセットされるでしょう。
これは考えうる最悪のケースなので、無理な移行はおすすめしません。

(;´-`).。oO(treeのメモ帳はこの状態なので移行できない・・)

移行した方がいいケース

  • 無料ブログを初めて間もない方。
  • まだブログを始めてない方。
  • ブログを始めているが、PV数が100以下でアフィリエイト収入が月1000円以下の方。

要は後戻りできる方、傷が浅くて済む方が移行対象です。

※ これらは前提条件としてCMSの操作ができる前提となります。

無料ブログとCMSの2サイト運営

既に無料ブログを初めてそこそこ収益が出ている場合、無料ブログはそのままんし、別途CMSを立ち上げてしまうのも手です。
2サイトのテーマを分けてしまい、ブログは雑談系、CMSは技術系、等と分けたり、無料ブログはもう更新しないよと宣告し、今後はCMSの方で記事お書いていきます!とするもありでしょう。ブログのヘッダ部分のhtmlは大抵いじれるので、新サイトのURLを書けば、ユーザ移行してくれる可能性も高まります。

これで無料ブログ側の収益も守られるし、新たにCMSでブログを始められるメリットを享受できます。
しかし、2サイト運営しないといけない等の管理コストも発生する事も忘れないで下さい。
無料ブログは完全放置ならいいですが、記事の最適化をする場合等は両サイトをメンテする事になりますね。

番外編:各無料ブログの比較

プログラム等の技術系ブログなら、はてなブログです。
技術系ブログの人口が多いので、他者ブログとの関わりが持ちやすいです。
adsenseの利用は可能なのでアフィリエイトもOKです。

無料版でもadsenseの利用が可能になったようです。

無料プラン(アダルトカテゴリでは不可)でもアフィリエイト広告などは掲載可能ですが、お客様ご自身でGoogle AdSenseを掲載する場合には、管理画面の記事下広告の設定で「livedoor」を選択してください。LINE株式会社の掲載するGoogle AdSenseのIDと、お客様のIDの衝突を回避するためです。

http://help.blogpark.jp/archives/52288712.html

機能的には無料ブログ中最高の機能を誇り、2chのまとめサイトようのテーマもあります。
非常に高機能でadsenseもOKなのでtreeのイチオシです!!

FC2ブログ

FC2は真っ黒なブログです
アダルトもOKで、違法なやりとりをしたり、反社会的な使い方もOKです。
厳密にはOKではないのですが、放置されます
fc2の運営会社がアメリカ法人の日本人数名が中心になっている会社なので、日本の法律が通用しないので、戸惑う事もあるかもしれません。

グレーな事をやろうとして、他のブログではbanされそうな場合、FC2なら多少緩いかもしれません。

一番おすすめしないブログです。。
ブログ自体の機能よりも、コミュニティの方を重視する方向け。

制限というものはほぼありません。
サイトのテンプレートhtmlも自分でいじれる程のカスタマイズ性を誇ります。
こんなに自由なの!?と思える程の高機能。

プログラムに例えると、bloggerC言語livedoor blogはC#、という感じです。
カスタマイズ性は高いが、便利な機能は少ないので、そこだけは覚悟して下さいね。
逆にそこが問題無い方はbloggerが最適です。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ネットで儲ける!ブログでアフィリエイト 改訂版

ネットで儲ける!ブログでアフィリエイト 改訂版

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意