読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

迫り来るレガシーIEのサポート切れとサポート切れIEを使うユーザの狭間でもにょる開発者

IT業界

だれかたすけて
f:id:treeapps:20151111235728p:plain
www.atmarkit.co.jp
2016/01/13 に、ついに念願の!待望の!レガシーIEのサポートが切れます!!!開発者の皆さんおめでとうございます!!

※ この記事ではあくまで開発するうえでの話で、IEの使い勝手や性能の話ではありませんのであしからず。

ぬか喜び


この時をずっと待っていたよ・・・・どんなに待ち焦がれたか・・・・ファッ◯ンレガシーIE


やったな


今までIE8をサポートしないといけないが故にjavascriptのフレームワークの選択肢が少なかったけど、これで選択肢が広がるよ!!


ん?なに勘違いしてるんだやるお


・・・・え?


おいおいやるお君。君は勘違いしているよ。WEBサイトの動作対象ブラウザは「我々が使っているブラウザ」に対応してくれないと困るよ。hahaha!


やらないおさんのIEのバージョンはいくつですか?


8だ


待って下さい。IE8は来年1月にサポート切れるんですよ・・・?


ああ。知っているよ。しかし我が社のIEのバージョンは8と決まっている。これは決定事項だ。君は今後もIE8に対応したサイトを作りたまえ


あと気づいていると思うが、VistaだけはIE9をサポートするそうだから、注意な。


・・・そうだ、ハロワいこう

2016/01/12をもって、クライアントOSのサポートバージョンがIE11以降になります。(Vistaは例外的にIE9がサポートされる)今回のサポート切れで一気に切り捨てられますね。そこまでバッサリ切るならVistaのIE9も切れよ!と皆思った事でしょう。しかしVistaはそもそもIE9までしかインストールできないようで、IE9を切ってしまうともうサポートするブラウザが無くなってしまうので、泣く泣くサポートしているのでしょう。www.atmarkit.co.jp
だったらVista自体をもうサポート対象外にしちゃえと思う今日この頃です。

理想と現実のギャップが広がっていく

javascriptのフレームワークはどんどんレガシーIEを切り捨てていっているのに対し、世間ではまだまだレガシーIEが使われ、サポート切れのOSも使われています。

「MSがレガシーブラウザを切り捨てる」という大義名分を盾にIEの動作保証バージョンを上げようとしても、「サポートが切れたブラウザを使っている人が一杯いる。その人達を切り捨ててしまっては売上が減少してしまう!」というクライアントからの要望・恫喝を受け、結局サポート切れのIE8・9を対応せざるを得ない開発者の方は沢山いる事でしょう。

理想はサポート切れのIEは動作保証対象体として、最新のjsフレームワークをガシガシ使っていきたいですね。しかし現実は甘くなかった・・・クライアントがIE8・9を使っているという理由でレガシーIEへの対応を余儀なくされているのが現実です。理想と現実のギャップは激しく、どんどんレガシーIEを切り捨てるjsフレームワークを横目に指を咥えて見ているだけの私達。そのギャップに耐えられなくなってハロワに行く人も出てきてしまうかもしれません。

IE8に対応しているBackbone.js・Knockout.js・Riot.jsがあるじゃないか!という話も解りますが、なんかこう、もっと最新のFWが使いたいですよね。もしかしたらクライアントが「レガシーIE全部捨ーてた!今後はIE11以上を動作対象でいいよ!」と言ってくれるかもしれない。仮にそうなったら勿体な過ぎて困る。だからもう少し、あと少しだけ待とうじゃないか。・・・そんな淡い期待と絶望を抱えながら今日もjQuery v1系でゴリゴリしてお茶を濁してもにょもにょする日々。私達レガシーIE隊が報われる日はくるのでしょうか。


私としては機能がほどほどで学習コストが低いVue.jsあたりを導入したいと思っているのですが、IE9以降にしか対応していないので導入できないんですよね。Angular.jsはフルスタック過ぎるしIE8対応しているのは1.2あたり?のバージョンを使い続けないといけなくなるし、避けたいんです。世の中の人々がもっとサクッとレガシーIEを切り捨ててくれれば、私達開発者がこんなにもどかしい思いをしなくても済むのになあ、と思います。

雑感

世の中には未だにIE6に対応し続けている猛者もいるでしょうし、まだまだレガシーIEの呪縛に縛られたまま身動きがとれない開発者は沢山います。そんな絶望の中、突如現れたMicrosoft Edge。まだこのMicrosoft Edgeのやんちゃぶりは私は見ていませんが、バグバグなブラウザっぽい?ので、新たな火種を生み出してくれるでしょう。今後Edgeのバージョン◯はIE6の再来!みたいな話が出てきそうで怖いです。

それにしてもまだまだレガシーにしがみつく抵抗勢力は多いですね。中国が「Win8の価格が高すぎるからWinXP使うもん!」と言ったり、イギリス・オランダ政府、そしてアメリカ海軍もMSにお金を払ってまでWinXPの延長サポート契約を結んでしまいました。gigazine.net
そして日本でもATM等で大量のWinXPが眠っていたりします。www.nikkei.com


今日もレガシーと戦い続ける開発者達。俺達のレガシーとの戦いはこれからだ!!