読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

AtomとSublimeTextのメリット・デメリットを簡単に比較してみる

mac ソフトウェア

macのテキストエディタの代表格と言えば、AtomとSublimeTextですね。両方暫く使ってみて良かった点、悪かった点を開発者目線で書いてみます。


この比較はtreeが普段会社で使っていた程度の使い方に依存する比較となります。また、厳密な比較ではなく、普段簡単に使ううえでの比較となるのでご了承下さい。

状態の保存

SublimeTextは、例えば新規にファイルを作成し、文章を書き途中でまだ保存もしていない状態でエディタを終了しても、次回起動時になんと未保存状態(書き途中の文章)で復元されます。うっかり保存を忘れたり、何らかの理由で強制終了しても復元されるんです。

一方atomは、未保存状態のファイルがある状態で終了しようとすると「保存しますか?」が表示され、保存するか破棄するかを選択しないといけません。

よって Sublime Textの勝ち! とします。

言語のシンタックスハイライト設定

SublimeTextは、例えばSQLのシンタックスハイライトを適用したい場合、Command + Shift + p でコマンドパレットが開き、「s sq」と、曖昧な単語を入力すると、いい感じに中間一致で絞り込む事ができます。
f:id:treeapps:20150117222331p:plain

一方atomはControl + Shift + l で言語選択パレットを開き、「s」と入力すると候補の1行目にSQLが表示されるのでそのままEnterを押下して反映できます。
f:id:treeapps:20150117223028p:plain

単純な動作だけ見るとatomの方がコマンド入力数が少ないのですが、「Control + Shift + l」という入力しにくいショートカットが微妙なのに加え、そのショートカットがハイライト設定である事を覚えないといけない手間があります。SublimeTextはショートカットを覚える必要が無く、「syntax」という開発者には馴染みの深い言葉でハイライトが変更できます。よってSublime Textの勝ち! とします。

パッケージ

量だけで言うとSublimeTextに軍配が上がります。
よってSublime Textの勝ち! とします。

日本語で検索する

このお題はSublimeText使いには耳が痛いと思います。

SublimeText(現在はバージョン3)は、実は日本語が上手く検索できません。検索自体はできるのですが、Command + f で検索ウインドウ表示後、textbox内で日本語を入力してEnterを押下すると、入力したテキストが消えてしまいます。その対応策として、事前に検索したいワードをコピーし、検索textboxで貼り付けて検索、とする事で回避する事はできますが、非常に面倒臭いです。

一方atomはSublimeTextのような挙動はせず、普通に日本語で検索できます。

よってatomの勝ち! とします。

タブ選択ショートカット

SublimeTextの場合は、Command + 数字、Option + Command + 矢印キーの左右、のいずれかでタブの移動ができます。

一方atomは、Command + 数字、Option + Command + 矢印キーの左右、Control + fn + 矢印キーの上下、のいずれかでタブの移動ができます。

atomの「Control + fn + 矢印キーの上下」は慣れないうちは入力し難いですが、Eclipseのタブ選択も「Control + fn + 矢印キーの上下」なので、他のアプリと同じショートカットが使用できるのは便利です。

よってatomの勝ち! とします。

動作の高速性

現時点では比較にならな程SublimeTextの方が高速です。

例えば一括置換を行う場合、atomは非常に遅いのです。SublimeTextよりワンテンポ遅れる感じに遅いです。大量のデータを扱うとその差は顕著で、atomはすぐ応答が無くなってしまいます。

一応atomはReact.jsというFacebookが提唱するvirtual domという新概念を利用した新世代の描画方法を早速組み込んではいるのですが、ちょっと遅い気がします。

よってSublime Textの勝ち! とします。

将来性

atomはなんといってもGithub社が開発しているだけあって、将来性は抜群です。そしてatomはhtmlで描画されるので、htmlによるフリーダムな表現も可能なので、ネイティブアプリの制限を受けない自由な新機能の登場も期待できます。

一方SublimeTextはネイティブアプリなので、ネイティブの制限を超えられないし、開発会社の知名度も低いので、将来性という観点ではそれほど期待が持てません。

よってatomの勝ち! とします。

結果

SublimeText 4勝
Atom 3勝

という事で、現時点では

SublimeTextの勝ち!

という結果になりました。

しかし、あくまで現時点ではなのです。速度については今後改善されていくだろうし、やはり将来性という面ではatomの方を応援したいです。atomはgit、node.js、v8、react.js、等と開発者なら気になるワードを抱えるため、どんどんユーザが増えていく事が予想されます。

最近ではlight tableも登場したりして、徐々に競合が増えてきており、この競争によって更にmacのテキストエディタが発展していって欲しいですね。

後日談

atomを数ヶ月触ったtreeに待ち受けていたものは・・・!!
treeapps.hatenablog.com

Web制作者のためのSublime Textの教科書 今すぐ最高のエディタを使いこなすプロのノウハウ

Web制作者のためのSublime Textの教科書 今すぐ最高のエディタを使いこなすプロのノウハウ

  • 作者: 上野正大,杉本淳,前川昌幸,森田壮,こもりまさあき
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

開発効率をUPする Git逆引き入門

開発効率をUPする Git逆引き入門

  • 作者: 松下雅和,船ヶ山慶,平木聡,土橋林太郎,三上丈晴
  • 出版社/メーカー: シーアンドアール研究所
  • 発売日: 2014/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (6件) を見る