読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

ERMasterの罠:その2:単語機能は怖い

ER図

ERMaster、便利なんですが、色々怖い罠が潜んでたりします。

ERMasterには「単語機能」があり、一度作成したカラムは論理名が単語として登録される。
他テーブルでテーブル定義する際に、その単語名を選択すると、型やフィールド長等が簡単に設定できる優れもの!
のはずなんですが、私にはこれは恐怖機能でしかないです。

一般的に、複数テーブルで同一カラム名を定義することって沢山あると思うんです。例えばステータスとか。
しかし、名前は一緒でも、初期値やフィールド長が違う事があるので、うっかり単語機能を使ってしまうと、
こっちのテーブルの修正があっちのテーブルにもいつの間にか反映され、JUnit等でエラーが発生して初めて気づく、という事が起こってしまいました。

非常に怖いので単語機能をオフにしたいんですが、今のところオフにはできない模様。。。