読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

プログラマの私が今まで言われた困ったセリフ集

IT業界

色々困った事を言われてきた私です。
f:id:treeapps:20160310004932p:plain

ブログタイトル通り、プログラマーな私ですが、今まで言われた「え・・・」と絶句してしまうようなセリフを紹介したいと思います。

※ 登場人物は私とAさんです。Aさんは一人ではなく、複数人の総称とします。

どうでもいいんですよ!

DBの検索部分を全文検索エンジンでの検索にリプレースするタスクで言われた一言。

Aさん「全文検索エンジンの事なんて知りませんよ!treeさん(私)がやってくださいよ!私はメソッドの中身なんてどうでもいいんです!SQLと同じ結果が返ればどうでもいいんですよ!速く作って下さいよ!」

いやね、それを実装するのがあなたの役目なんですが。

私はスキルが低いんです!

突然言われたこの一言。

Aさん「私はスキルが低いんですよ!?そんな事できませんよ!!」

テスターからやり直して出直してくれ。

捨てます

バッチの実装を任せた時、データの状態について聞いた時の返答。

私「この時こういうゴミデータができてしまうのですが、これらデータはどう処理されますか?」
Aさん「大事なデータじゃないし、捨てますけど。」

待て。大事かどうかを決めるのはあなたじゃないし、捨てるとか、何考えているんだ・・・

鉄壁の前提人間

URLパラメータをキーにDBを検索する画面で、パラメータ値が未設定の時に500エラーが返るバグについて実装内容を確認した時の一言。

Aさん「ここは絶対にURLパラメータが設定される想定です」

待て待て、URLパラメータ(QueryString)が未設定とか、普通にあるぞ。そんな前提条件が通るWEBアプリなんてまず無いでしょうよ。

私「ここにバリデーション入れてくれませんか?」
Aさん「いや、ここは絶対に値が来る前提です。話が違うからやりません。やるならお金下さい」

・・・・

ちなみにその前提は彼が勝手に作った前提で、全く合意が取れていないという・・

ループの鬼

都道府県毎に処理するSQLを実装して貰うというお仕事を依頼した時のやりとり。

私「ここ、47都道府県を処理する部分ですが、47回SQLを実行するのは負荷かかるので、SQL1回で済ませられませんか?」
Aさん「え?47回実行するのマズイんですか?」

単純にスキルが低過ぎるが故の返答でした。大した処理内容でもないのに、1つの処理で47回ループして47回SQLを投げてしまうという異常性に気づけるスキルを身につけて頑張って欲しい。

そこまでする必要無い

私「◯◯を格納するクラスなのに、◯◯に関連の無いフィールドが混じっているんですが、何か意図はありますか?」
Aさん「ありません。動けばいいじゃないですか。」
私「良い設計をしたいと考えているので、そのフィールドを別のクラスに移動してくれませんか?」
Aさん「そんな事どうでもいいじゃないですか。そこまでする意味あるんですか?」
私「そういう事の積み重ねで今の酷いコードができるんです。いつもあなたが苦しみながら修正しているコードはそういう設計思想の元、出来上がったのです。」
Aさん「そうなんですか。でも私はそこまでする必要は無いと判断したので修正しません。」

・・・1ヶ月後・・・

Aさん「うぅ〜・・・・うぅ〜・・・(今にも死にそうで苦しそうな呻き声)」

だから言っただろ・・・あの時の自信は一体なんだったんだ。

私が悪いんで!!

私「この装置、Aさんが既に利用実績があるから採用したと聞いたのですが、使い方ざっくり教えて貰えますか?」
Aさん「ああ、あれですね。あれは私がそれを使ったPJを聞いた事があるってだけなんですよね」
私「え?マジですか・・・保守も契約してないし、もう納品まで時間が無いですね・・・」
Aさん「解りました!私が悪いんで!始末書でも何でも書きますよ!」

oh・・・・開き直るとか、人間のする事じゃないな・・・

私には権限が無い

私「◯◯の作業をお願いしたいのですが、できますか?」
Aさん「私には権限が無いので、できません。」
私「では私がサポートするという条件で権限を与えますので、お願いします。」
Aさん「え・・・すいません実はやった事が無いのでできません」

何故か結構いるのですよね、「未経験である事」を「権限が無いからできない」という事にすり替えようとする方が。素直に「やった事が無いですがお願いします」みたいに言って貰えればいくらでもサポートするのになあ。

書籍に書いてあるんで

私「なんだこの処理。修正するか」

・・・・Aさんがその修正を元に戻してコミット・・・

私「は・・・?なんかrevertされてるな。」
私「Aさん、ここ、解放する処理入れないとエラーになるので、入れてくれませんか?」
Aさん「私のコードは書籍通りのコードです。これで正しいです。」

????書籍に書いてあるサンプルと、今やってる処理が同じ?そんな訳ないだろう・・・どういう理屈なんだ。

雑感

思い返してみると、色んな事言われたなあ・・・どれもこれも私を驚かせる発言ばかりでした。本当はもっと沢山言われてきてる筈ですが、今回はすぐに思い出せるかなりショッキングな発言をピックアップした形となりました。(単に思い出せないだけですが・・)

ビックリするようなセリフを口走ってしまう人に共通していた事は、「今が良ければそれでいい」「無駄に頑固」「打たれ弱く衝動的な行動をしがち」「どうでもいいと言いがち」という感じでした。彼らの大分部は、ビックリ行動のしっぺ返しを喰らうという自業自得な状況でした。結果として自分で撒いた種に自分で苦しみ、早々に去って行く人が多いように思えました。私の「そのやり方だとこういうデメリットがあり、後々こういう事になるかもしれませんよ」という言葉も届かない場合がほとんどで、自分の考えを全く変えようとしませんでした。悪い意味での頑固一徹というやつです。

逆に、無駄なプライドがなく、素直で、自分の行動を見つめ直せるタイプの人はあっという間に伸びていき、すぐに巣立っていきました。その調子でどんどん吸収して巣立って欲しいですね。

やはり素直さを失ってしまうと、引くに引けない状況になって絶対どこかで詰んでしまうので、頑固にならないように気をつけていきたいですね。