読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

SEO業者の存在価値の無さ

SEO

仕事をしていて、SEO業者は虚業で不要で無能なものは無いなあ、と思いました。

上場しているSEO業者から、SEOガイドラインなるPDFをよく貰いますが、
そんな事言われなくても全部知ってるよと、毎回思っています。
今までそのガイドラインで知らない事は一つもありませんでした。
WEB系の企業の開発者なら大抵知っている事しか書いてません。
というか、googleが配布している日本語版 検索エンジン最適化 (SEO) スターターガイドで十分です。
googleのウェブマスターツールのヘルプサイトに全部SEOについての情報があるので、
それ読めばいいです。あれ?SEO業者の存在価値って何?となりませんか。

googleは、htmlを上手く書けない、クローラの事を知らない、というユーザが大多数なのを把握しており、
seoを知っているだけで、無コンテンツ・無価値なサイトの上位表示を防ぐため、日夜頑張っています。
例えば、h1タグよりh2タグの方が重視されるらしいよ!?とか、
バカじゃねーの?と思います。
そういうgoogleの挙動の隙を突くような、所謂バグを狙うような事はやめましょう。
いつかバグが解消され、そのサイトは全く無価値なものになる可能性が高いです。
最近googleはパンダアップデート・ペンギンアップデートとしていますが、
そのアップデートでバグを修正し、相当数のゴミサイトが淘汰されています。

よく就職支援サイトのSEO業者の業務内容に、
googleの検索アルゴリズムの解析して上位表示を・・云々とか堂々と書いてますが、
やはりバカじゃねーの?と思います。

googleSEOと言っているのは「クローラに優しい構造」とか、
googleの経験上、ユーザビリティ的にこうするとユーザは迷わないよ」とか、
本来有るべき姿の為の施策の事を言っているのであって、そういう裏をかく行為ではないのです。
いつか潰されるバグを一生懸命ついて「上位表示を保証!」とか、「ロングテールを実現!」とか、
本当に嫌になります。

私的には、クローラの事を解る人はサイトマップxmlとかcanonicalとかやればいいし、
解らなければやらなくてもいい(後手に回りますが、最終的にgoogleが頑張ってくれます)。
キーワードの選定なんてしなくていい(後手に回りますが、最終的にgoogleが頑張ってくれます)。
SEMもいらない。誤字脱字に注意して、価値のありそうな情報を普通の文章でかけばいい。
小手先の技術ではなくコンテンツとユーザビリティが全てです。
質の高いコンテンツ・ユーザビリティは絶対負けないと思っています。