文系プログラマによるTIPSブログ

文系プログラマ脳の私が開発現場で学んだ事やプログラミングのTIPSをまとめています。

macでchromeやsafariで真っ白なページが表示される事があるのはESETのWebアクセス保護が原因かも

君が犯人だったか〜

f:id:treeapps:20170829002500p:plain


何がきっかけなのか解りませんが、最近急にGoogle ChromeやSafariで真っ白なページが表示されるようになりました。

少し調べてみて原因の特定ができたので、メモしておきます。

起きている環境

  • iMac late 2014
  • macOS mojave
  • ESET ver6.6.300.2
  • Google Chrome v 70.0.3538.110
  • FireFox v64.0
  • Safari v12.0.2

起きている現象

  • Google Chrome・Safari・Firefoxの3種類のブラウザで真っ白なページが表示される「場合」がある。確実に真っ白になるわけではないが、リロードし続けると「何故か」表示される事がある。
  • キャッシュを全クリアしても解決しない。
  • OSを再起動しても解決しない。
  • Adblock Plusアドオンを入れている。
  • シークレットモードで表示しても真っ白になるので、どうやらアドオンが原因ではないようだ。

こういう状況でした。

シークレットモードにすると全てのアドオンが使用できなくなるのですが、シークレットモードでも真っ白なので、アドオンが原因である可能性は無くなりました。ちなみにESETはシークレットモードか通常モードかに関係なくWEBアクセス保護が動いているようです。

もう完全にブラウザのデータがぶっ壊れたかな?と思いましたが、全てのブラウザのデータが一斉に破損する事は少し考えにくく、色々調べてみた結果、どうやらESETセキュリティのWebアクセス保護が原因なのは確定という事がわかりました。

ではさっそくWebアクセス保護の問題の設定を解消していきましょう。

Webアクセス保護は無効にしない

Webアクセス保護を無効にすると、以下のように警告が表示されて嫌なので、今回は保護対象を変更する事で対応します。

f:id:treeapps:20181204011431p:plain

Webアクセス保護しつつ真っ白ページを解消する

ESETを起動し、左サイドナビの「設定」をクリックし、右ペインの「Webとメール」をクリックします。

f:id:treeapps:20181204011509p:plain


続いて、Webアクセス保護の「設定」ボタンをクリックします。

f:id:treeapps:20181204011523p:plain


HTTPプロトコルで使用するポートを「80,8080,3128,443」から「8080,3128」に変更します。変更後「すべて表示する」ボタンをクリックします。
80はhttpの事で、443はhttpsの事です。

f:id:treeapps:20181204011535p:plain


すると保存するかどうか聞かれるので、保存します。これで設定完了です!

f:id:treeapps:20181204011605p:plain

雑感

http(80)とhttps(443)をWebアクセス保護から外すという事は、実質Webアクセス保護しないと同じになってしまいますが、真っ白なページが表示されるよりはマシだと思われます。

真っ白なページが表示されるのは恐らく広告が原因だと想像していますが、はっきりした原因が解らないので、今回はとりあえず保護しない事で対応しました。

もっといい方法が有る可能性もあるので、もし情報をお持ちの方がいれば是非教えて下さい!